« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

2004年11月30日 (火)

代打にて

本日は担当の先生の代打で書いております。

何を書こうかなあ、とインターネットをのぞいて見ると、

「ダイエー、球団譲渡を正式に発表」のニュースが。

自分が小学生の頃、ホーム球場がまだ平和台球場のころに

ダイエーの帽子をかぶり、メガホンを叩いて応援したことが

懐かしく思い出されます。長年愛着をもって応援をしてきただけ

に、非常に残念です。まあ、近鉄のように消滅してしまう

わけではなく、ホームも福岡なので、気分も一新に頑張って

欲しいです。 

それはそうと明日からとうとう12月になってしまいますねえ。

年をとると月日が経つのは早いと言いますが、最近は

本当にあっという間です。それだけ毎日が充実しているという

ことでしょうか?それとも・・・。

23日のパーティーにむけてスタッフ一同頑張っておりますので

皆様どうぞよろしくです。それでは・・・

2004年11月29日 (月)

こだわりの‥X’mas飾りつけ‥

クリスマスまで一ヶ月を切ってしまった。月日の経つのは非常に

早い。

この時期スタジオ内の飾りつけをするのが私の役割‥ではなく、

勝手にそうしている。去年は麗しのサブリナと装飾に取り掛かっ

たりと、毎年誰かし轤フ助けを借りてやっている。

ある時は鏡に白い粉雪以外のスプレーをして、上手く行ったつも

りが、大掃除の時に落ちなくて迷惑をかけたり、また、ある時は

お菓子を使った装飾にチャレンジしたが、ぼろぼろ床に落ちたり

と、失敗もあるが好きにやらせてもらっている。

素人なので大したことは出来ないが、それでも今年のテーマは‥

とデザイナー気取りで考えてみたりする。だからディスプレーを

仕事としている人の作品は凄いと思う。

先日銀座をちょっと歩いたが、人目を引く面白い物が沢山飾って

あった。特に四丁目交叉点の所のディスプレーにはいつも関心さ

せられる。僅か数秒の間にインパクトを与えるって非常に難しい

ことだと思う。

今回はどうしよう‥。まだ案が浮かばないから、なにも出来てな

いが、そろそろ本腰を入れて取り掛からないと‥。

2004年11月27日 (土)

明日は

C級・D級競技会が行われます。自分は今年最後の競技会になり

ます。自分の今出来ることを全部出し切って踊ろうと思います。

どうぞ応援よろしくお願いいたします。

明日は後楽園ホールでの試合です。 

自分が学生の競技会に出ている頃から踊っている試合会場なので

すごく思いいれの多い会場です。お客さんとフロアの距離も

すごく近いし、臨場感があり、すごく盛り上がるので

その雰囲気を自分の踊りに少しでも勢いを与えてくれればと

思います。 

2004年11月26日 (金)

隠れた・・・才能???

大げさに言えば・・・ダンサーのわたし達はアクター、もしくはアク

トレスでありたい。皆様おわかりになりますか?男優か女優かっ

てことですよ!

そう、いつでも輝かしい存在!

って、またでました、妄想の世界へ突入したわたし。


うちの社長は、スタジオでみるとダンス教師、タキシードを着て

試合会場にいると、かっこよくてスタッフのわたし達もしびれる

まあ、現代語でしびれるって言う言葉があるかどうか疑問だが

「ヨンさま~」

くらいの絶叫もまんざらうそでもない???

しかし、この社長が実は家庭料理とかも出来ちゃうわけで、

「クリームシチュー作ったから、持ってきたよ!」

「え~先生が作ったの?」

うわさでは聞いていた

「社長すごく料理上手だから・・・」

本当に美味しかった、こういう温かい食べ物も口にする事が減っ

てきた、わたし達は涙が出るほど嬉しかった。

GREAT久美子は演劇を見るのが大好き。

舞台と言うよりも本当に演劇が好きって感じ、人情劇そう温泉宿

なんかで見られる

「お代官様~」

とか、

「あなた~なぜ行ってしまわれるの~」

とか、涙がほろって出てしまうのを、ビール片手に枝豆つまみな

がら見るのが楽しいらしい、で、聞いてみた

「なんでそういうのみるの?」

「えっ言わなかったっけ?私舞台女優になりたかったからさあ」

「・・・・・・・」

びっくりして、絶句したわたし。

本当のアクトレスだったんだ、GREAT久美子は・・・

2004年11月25日 (木)

犬面人・ゆきの由来

私は‘ゆき’と言う名前です。

ママの名前から付けられた訳ではありません。

ママがつけましたが、由来は

「アルプスの少女ハイジ」

という漫画に出てくる小ヤギです。

真っ白くて雪ような小ヤギが生まれ

ハイジが‘ゆきちゃん’と名付けます。

私も真っ白でかわいかったので、ゆきと

付けてくれたそうで~す。

お姉ちゃんは、ママが‘ぷう太郎’の時に、もらわれ

てきたので、ぷう太郎同士でぷうちゃんです。

でも本当はおならの‘ぷう’じゃないかと私は思います。

お姉ちゃんは私たちが寝ている枕元で、「ぷう」とやります。

それも、すました顔をして歩きながらします。

まったく、困ったものです  ( ̄^ ̄)

2004年11月24日 (水)

がんばるぞ

今週末に僕にとって最も大切な試合があります。できれば応援に

来ていただきたいですし、来れない方は後楽園の方に向かって一

日中祈っててほしいぐらいです。ま~かれこれコンペに出始めて

七年ぐらい過ぎるんですが、いろいろ思い出すとなつかしくなっ

てきますね。やっぱり初めてのコンペは緊張しました。その試合

では以前この日記帳に登場した僕を勧誘してきた綺麗な先輩とた

またま組んで(学生競技ダンス連盟は三年まで試合毎に違う人と

カップルを組むローテーションという仕組み)でたんですけど緊

張しまくりで音楽なんて全く聞こえませんでした。そのころから

みれば少しは成長してるはずですが・・・あとなんと言ってもコ

ンペといえば髪のセットですね!初めてあのセットをした時は恥

ずかし過ぎて外を歩くのがいやいやでしょうがなかったです。な

かなか慣れませんでしたよ。それが今では自分でセットをするの

が楽しみになりました。前の日にセットしやすいように髪を切っ

て当日の朝にやるんですが自分の髪との闘いです。終わった時に

はいざコンペモード!気合いもはいりまくりです。実際は今から

気持ちも高ぶってきてますけど・・・さてどうなることやら・・

2004年11月22日 (月)

車中観察

電車の中を観察していると色々な人が居ませんか?

身なりや風貌に特徴のある人が‥。

夜練習の後に乗る電車に必ず乗っている人がいる。それも必ずシ

ートの端っこで、よくその場所が空いているなと感心するが、そ

れだけ長い時間、電車に乗ってきているのかもしれない。

おとぎ話に出てくるような頬の下が深く窪み、眉毛は白髪がかっ

た昔の○○首相のように長く、髭は、これが見事な程ホットミル

クを飲んだ後に表面の膜がついてきたような立派な真っ白いも

の。表情もいかにも今にも爆発しそうな不機嫌な顔立ちで車中の

監視を仰せつかっているとでも言いたげな様子。

朝は朝で、必ず、決まった時間の決まった車両にウォークマンの

シャカシャカした音が聞こえると決まって血管が切れそうな勢い

で「音がうるさ~いっ!」と怒鳴る叔父様‥。言い終わった後、肩

を震わせて、はぁはぁしているが、何もそこまで興奮しなくて

も‥と思ってしまう。気持ちは分からなくもないが。

私も思われているのかな‥、ラッシュ時に持ち物多くて迷惑だっ

て‥。

2004年11月20日 (土)

ソーラーパワー

久々に晴れ晴れとした天気になり、気分も爽やかに

営業中の今日この頃です・・・

仕事柄陽の光を浴びることの少ない生活を送っているためか、

最近では天気の良い休日は公園で散歩したり、読書したりする

ことが結構楽しかったりします。やはり太陽のエネルギーは

すごいですね。もやもやした気分もどこへやら吹っ飛んで

しまう気がするのです。皆様もおためしあれ。 

2004年11月19日 (金)

らんぐあじー

面白い言葉って世の中に沢山ある。

人の名前にもそれぞれ・・・

親がつけることもあれば、祖父母のこともあり、または専門の人

に付けてもらったり、お坊さんだったり・・・

わたしは母親が名付けてくれた。

「永久に恵まれるように」

自分でもこの名前の由来には感激してるし、感謝もしている。

そしてまたも愛すべき先輩の話

「私もしかしたら、久恵と名前かぶってたかもしれないんだよ」

「え~っどうして~」

「名前付ける専門の人がいくつか名前をあげてくれて・・・」

「1つ千恵」

「2つ久恵」

「3つ秀恵」

「4つ目もあったんだけど、忘れちゃった」

まあ先輩らしい。

なんとも読み方が難しいのが、

1つ目の千恵と書いてかずえと読む、これかな?でも、これが名

前なので、皆様覚えておいてくださいよ!!!

で、2つ目、ほ~ら出ました久恵、この名前がかぶってたら、か

なりきつい気が・・・で、3つ目、漢字にするとなかなか頭よさそう

だし、気品まで感じる、でも!でも!ですよ!読んでください

「ひでえ!」ですから

残念!!

でも、先輩はこの名前になっていたかもしれないので、これ以上

のコメントは控えておこうっと!

2004年11月17日 (水)

とぼけた夢

つい先日、紙幣が一新されました。っていうことは絵柄が変わっ

たわけなんですけど、なんだか楽しいですね。二千円札の時も僕

のなかではかなり盛り上がって今だにカーペットの下に埋蔵して

ます。ま~福沢諭吉は続投で野口英世と樋口一葉なんか大抜擢で

す!やっぱり努力したものは報われるんですね!?きっとかなり

喜んでるんじゃないのかな~。ここまで有名人(ゆっゆっゆ~の

湯名人!なんちゃって)をだされちゃうと、僕らなんかは「ほっ

ほ~そうきたか!」なんてただ納得してしまいます。今その新紙

幣を見てるんですけど凝りに凝ってますね。銀行には新紙幣の説

明書もありました。全体的に柄が複雑になってますね。色も少し

カラフルになってたりしてます。一万円札にはホノグラムまでつ

いてます。なんだかオモチャのお札にみえてきました。このまま

いくとディズニーランドのワンデーパスポート(わかるかな?)

ぐらいになっちゃうんじゃないかってワクワクします(笑)もし

そうなったらもったいなくて使えなくなっちゃうかも!でも近頃

は携帯電話や定期券でものが買えてしまう時代にもなってきまし

た。紙幣が新しくなる一方でお金を直接持ち歩かなくなりそうな

気配もします。そうなる前に僕も大抜擢されないと!!きっとそ

こいらの大富豪達は「一万円札だとかさばるから百万円札を作っ

てくれないかね?」な~んて思ってたりして。百万円札も目立て

ていいな~・・・・・

マイブーム再燃!

今日は趣味の話を少し。

今年、ビリヤード以外の趣味が出来た。最近流行りだしたダー

ツ。結構地味に面白い。やる事は単純に的に矢を投げるだけなん

だけど、なかなかどうして、思ったところに矢ェ飛んで行ってく

れない!!!ビリヤードにはまった時もそうだったんだけど、予

想以上にうまくいかないもんだから、闘争本能に火がついた。そ

れからは1人でも行くようになり、そこそこのスコアが出るように

なってきたかと思ったら、パートナーが決まって毎日練習をする

ようになって、月に1回行くか行かないかになってしまった。

なんでこんな事を書いたかというと、実は先週行ってきたんです

よ。ほんの30分ぐらいだったんだけど、なぜか無性に投げたく

なって。んで、その時に感じた感覚が妙に心地よかったんです

よ。的の中心(BULL)と自分の指先にのみ集中して投げてい

ると、周りの雑音が聞こえなくなってくるんですよ。あの集中力

がいつでも使えたら、もっといろんな可能性が・・・ってだった

らそれを今ダンスに使えっつうの!!!

しばらくはダーツ熱が収まらないかも。。。

どなたか一緒に行きませんか?・・・

2004年11月15日 (月)

気力、気合‥気分次第。

病は気から‥とは良く言ったものだ。

知人が入院して、入った当時は歩くことも車椅子に乗ることさえ

も出来ず、顔色も悪かった。ところが、復帰したいという気持ち

が強いらしく、藁をもすがる思いでリハビリを始めた。

訓練を始めて一ヶ月。最初は、気に入らなかったらしいが、そこ

で肉体だけでなく、精神的にも強くなったらしく、みるみる内に

顔色も良くなった。

更に驚いたことに、私の目の前でベッドから立ち上がって見せた

のだ!!歩くことは未だだが、これから徐々に訓練していくらし

い。本人の気力もたいしたものだが、立てなかった人をたった一

人で立たせるように訓練したリハビリの成果はもの凄い。感動す

ると同時に鳥肌がたった。

本人は私以上に感激したに違いない‥。当面の目標は歩けるよう

になる事で思う存分、外を歩き回りたいそうだ。

気の持ちようで、強くも弱くも、心が豊かにも貧しくにも変化す

る‥。強引だが自分に結びつけて考えてみた。

2004年11月13日 (土)

いよいよ・・・

明日はB級競技会が行われます。後期のB級競技会は

昇級のかかった大一番なので、選手もお客さんも凄く

盛り上がっていて、いつもとは違った雰囲気があります。

奥山ダンスからも大勢出場します。

自分は初出場なのですが、活気にあふれた会場で

踊ることが出来る事に喜びを感じつつ、自分の出来るベストの

踊りをして、少しでもこれからの糧にしていきたいと

思っています。

2004年11月12日 (金)

ハミング?アカペラ?鼻歌!”

ダンサーは音楽センスがかなりある!えっある?

う~んどうだろう。。。微妙だ。

ダンスでは最近インストルメンタルバージョンの音楽が使われる

ことも多く、昭和の名曲、もしくは映画音楽など、様々な曲がス

タジオに流れる

今日は「いい日旅立ち」が流れている。

控え室の中で

「雪~どけ~間近の~♪北の空~にむか~い・・・」

いい感じいい感じ

「ああ”~~~日本の~~~」

先輩に大笑いされた

「出てないじゃん、全然声出てないじゃん!!」

「だって、バイオリンだから音高いんだもん、じゃあ先輩も歌っ

てみてよ~」

「いいよ。ああ””~~~♪」

「先輩だって~、たいして出てないじゃん」

「ごめん!私アルトだから」

中学生の頃、ソプラノ、アルト、テノール、バスの4部構成に分

けられた音楽の授業、わたしは踊りも歌も大好きだから、こうい

う皆で歌う合唱コンクールなど最高にワクワクした。

ここで、やはりメインのソプラノを取りたいと思うのが、普通で

あろう、わたしだって・・・

「はい、声出して!」

「あ~~~♪」

「はい、君アルト」

即効決まってしまった、わたしのアルト人生。

でも、言わせてもらえば、アルトがあるから、ソプラノが引き立

つ。まあ、でも、もっと言わせてもらえば、アルトがなくても、

歌自体がわかるのは、やっぱり ソ・プ・ラ・ノ!!!

2004年11月11日 (木)

犬面人・ゆきの旅行

ぷう姉ちゃんの初めての旅行はママのリュックサックに

入って行ったパパの実家の仙台です。

まだパパの手のひら位の大きさでした。

仙台の大パパと大ママには、内緒で連れて行かれたので、ママの

リュックで背負われてお家に入りました。

大ママが後ろをむいた時に、ママは床にぷう姉ちゃんをそーっと

置きました。ぷう姉ちゃんは、パパとママとの打ち合わせ通り、

じーっとぬいぐるみの役に徹しました。

ふと大ママが「かわいいわねー。」

ママが大ママに手渡したその時

ぷう姉ちゃんは我慢できなかったそうです。

----- しゃー!! -----

大パパ・大ママへのご挨拶でした o(^-^ )o( ^-^)o

私もパパとママの留学の度に、仙台に行っているので

私たち姉妹は、日本一新幹線に乗ってる犬だと思いまーす。

P.S. 子供の頃の写真も見てみてね

2004年11月10日 (水)

元気ハチュラチュ?

みなさんこんにちは。先週はお休みだったので二週間もあいてし

まいました。なので今日は頑張って書きたいと思います。え~最

近だいぶ寒くなってきましたね。毎朝布団からでるのがかなりし

んどくなってきてます。わかってもらえるとは思いますが、朝の

5分ってすごく貴重ですよね。なので僕は目覚まし時計を3つセ

ットするんです。多い時で5つセットします。そうすると何回か

「あ~あと5分は眠れるぞぉ~むにゃむにゃ・・・」ってな感じ

の幸せを朝っぱらからゲットできちゃうんです。みなさんも試し

てくださいな!でも難点があるとすれば、逆算すると本来起きな

いといけない時間の30分ぐらい前にはアラームが鳴りだすので

1回目でしっかり目が覚めちゃう人には意味がないかも・・・っ

てな感じで毎朝ちょっとぐ~たらした生活を送っちゃってるんで

すけど、この季節になると小学生の頃を思い出します。いません

でした?真冬なのにランニングシャツに短パンの人!僕がそんな

子供でした。朝6時前には校門が開くのを待ってたりして!牛乳

なんか5本ぐらい飲んじゃったり、昼休みに走り過ぎて池に落ち

ちゃったりする子供でした。みなさんもこんな時代があったはず

ですよね!?これからもっと寒くなりますがランニングシャツと

短パンにネクタイで頑張ってみようかな~って思ってみちゃう僕

でした(笑)

大会

JBDFカップ・統一全日本・全国選手権・B級モダン・全関東・東

京選手権・・・大会が多すぎですよね~。これだけ多いと選手も

そうだけど、応援に来てくれるお客さんも大変。毎週見に来てく

れる方もいるけど、体を動かさないで座りっぱなしで一日応援す

るのは、踊っているよりも何倍も辛いはず・・・いつもいつもあ

りがとうございます。そんな皆さんに少しでもいい踊りを魅せた

い・・・そう思いながらスタッフ一同毎日練習してます。


先日、統一全日本での決勝、もの凄かった。日本人でもここまで

音楽を表現できるんだ、と改めて痛感した。見ている人を引き込

むだけでなく、音楽を感じさせ、熱を伝え、感情を訴えてくる踊

り・・・思わずこみ上げてくるものがあった。


あんな風に踊れたらどれだけ楽しいんだろう。。。


近い将来、自分も応援に来てくれるみんなにそう感じてもらえる

ダンサーになりたい。

今度の大会は、その始めの一歩・・・

2004年11月 8日 (月)

懐かしい母の味

私の母の感覚は、たまにど肝を抜いてしまう事がある。

以前美女が日記に書いてくれたが、お弁当の真っ白いご飯の上に

羊羹がのっていたのは忘れもしない、幼稚園のお弁当だった。

主婦イコール料理上手という私の概念は、私の母親に関しては通

用しない。どうも料理が苦手というか嫌いらし「Bそのくせ、食

べることは好きで、私が作った物や買って来た物に対して遠慮せ

ず、手厳しいことを言うくせに‥。

幼少の時にたった一度作ってくれたプリン。

プリンの材料が粉末になっていて、それをお湯に溶かして型にい

れて冷やし固めるだけのもの。

たいていプリンの形は裾広がりの円柱形のはずだが、母のぷりん

は、なんと、円すい形だった‥。それも円柱形だったはずの形を

あえてスプーンで削って先を尖らせてあった。これではあのカラ

メルソースがのらないではないか‥。ソースは案の定、上で停滞

できずにプリンの下に敷かれた状態になっていた。あの茶色の部

分が楽しみなのに‥。子供ながらに悲しかったが、もう一度食べ

て見たいあのプリン‥。

2004年11月 5日 (金)

母なる大地・・・なんじゃそりゃ

ある年配の男性に言われた事がある。

「部下によく言って聞かせた事がある。嫁をもらう時は絶対にそ

の娘さんの母親を見る事」

どういうことかというと、娘は絶対に母親に似るし、行動もそっ

くりになる。

わたしは、半分納得し、そして半分は・・・

公団に住んでいた小さい頃、子どもたちがたくさんいた、そして

公団と公団の間はわたし達の遊び場。

「もしもし○○さん・・・」

ある家から電話の声がする

「そうそう・・・」

とまた、電話の対応している声がする。

どうやら、その二つがつながっているらしい、明らかにそれらの

声は外に筒抜け、内容もバリバリわかる。

「お母さん、外に聞こえてるよお~」

その子ども達が、両方の母親に外から声を掛ける、

「ベランダで直接しゃべればいいじゃん」


母親は鉄砲玉と言われる。

「ちょっと行って来るわね、○○さんの所・・・」

1時間で帰ってくればいい方、わたしは・・・それはない気が・・・


小さい頃、親戚一同レストランで食事会

「ドリアにしよう!わたし」

「お母さんはそうねえ、う~ん○○ご膳!」

かなり値がはってる。

「お母さん、デザート食べていい?」

「だめよ!ねえ」

と、幹事のようなおじさんに尋ねる母

「いいよ~、好きなのどんどんたのみなよ!」

「そう、じゃ!の・い・ち・ご!」

と、母が答えているじゃありませんか!

それは、そこのレストラン一押しビックパフェだった。

おそるべし、母。

わたしにもらい手はあるかなあ???

2004年11月 4日 (木)

犬面人・ゆきの寝言

みなさん、ヘアーカットはどちらの美容室にいってますか?

ぷう姉ちゃんは、1歳の頃にパパに切ってもらったことがあるそ

うです。ハサミの音が耳元で‘ジョキジョキ’!!かなり怖かった

らしいです。

パパは、かなりいけてると思ったらしいですが、

あまりにギザギザだったので、病院で

「皮膚病ですか?」

と言われてしまったそうです。


それ以来ぷう姉ちゃんはカットが大嫌いです。

それを聞いた私もカットが大ッ嫌いです。

だから、出来る限り反抗します。

かむ、叫ぶ、ひっかく、ひっくりかえる、手段は色々あります。

ぷう姉ちゃんから伝授してもらいました。

お陰で前にいった美容院では二回目の予約の時

「お宅の子は、危ないので予約をお受けできません。」

と、断られたそうです。作戦代成功だったのに、また近所の‘ぽ

こ’につれていかれました。でもそこはきれいなお姉ちゃんが、

優しく切ってくれるので、おとなしくしてあげていま~す。

パパに切られるよりは安全だからね。


今は近所の‘ぽこ’という美容室に行っています。

ぷう姉ちゃんと二人、昼ぐらいに行って夕方に戻ります。

私たちは‘マルチーズ’という犬種なので、体毛はサラサラの

超ロングです。前髪を結っておでこにリボンを付けてもらうのが

素敵です。

そ、そ、それなのに、パパは私たちを美容院に連れて行くと

「五分刈りのサマーカットでお願いします。シッポも耳も刈っち

ゃってください。」

今は冬なのに、サマーカットはないでしょう(>_<)

ま、確かにぷう姉ちゃんと姉妹ケンカで、毛玉をた~くさん

作っちゃいますけどー、それが楽しいのに~。


たまには、イメチェンで、かつらもかぶります。

なんと、ダルメシアンに変身です!

ぜひスタッフのページを見てみてね。

・゜゜・(≧∀≦)・゜゜・。

2004年11月 1日 (月)

おそるべし‥○○のパワー

応援の力はもの凄いっ!

コンペの度に感じる。時には実力以上の力を発揮する事が出来

る。この不思議な力に何度後押ししてもらったことか‥。本当に

感謝してます。

本来ならダンスの練習だけでなく、メンタル面を高めていく練習

もしていかなくてはいけないのに、いつも精神的に応援に頼って

しまっている自分がいる。本当は、これではイケナイのだが。

でも共に喜んだり悲しんだりしてくれる頼もしい応援団がいて幸

せだと私は思う。

だから応援側に回った時は、同じ気分を味わってもらうと懸命に

声を張り上げる。実際の所、声援が本人に届いているか分からな

いが、ついつい声が出てしまう。興奮して声が裏返ってしまう

ことも、たまにはある。

昨日のコンペはスタンダードもラテンも非常に白熱した試合で応

援にも力が入った。観ていて、とても興奮した。自分も早く

そうした中で踊りたいと思う。そして感動させるだけでなく、応

援させたくなるような素晴らしい踊り手になりたいし、パワーを

与えるられるような雛壇の女王ナンバー2として認められるよう

に頑張る。時には別の世界に行ってしまう事もあるかもしれない

が‥。

明後日の統一全日本の応援も張り切りまっせ~。

« 2004年10月 | トップページ | 2004年12月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ