« お寒うございます。 | トップページ | 明日はアカデミー »

2006年1月27日 (金)

モーツァルト生誕250年

今日はこの話題から・・・

わたしもピアノをやっていたので、モーツァルトと言う名前は聞いたことがあ

るし、とても偉大であると言う事も承知している。

今のジュニアもいろんな分野で活躍している。

しかしモーツァルトはやはり凄い!

わたしは6歳の頃からピアノを始めたが、練習では泣いていた事さえある。

ドレドレ♪テクニックという緑の本をやる時は気分が憂鬱になる、母親はわた

しの練習を夕食を作りながら聞いていたが、たどたどしいもんだからきっと仕

事もすすみにくかったに違いない。しかし、下手とか変だとかも言った事はな

い、うまく通せれば

「うまいじゃない」

なんて言葉ももらえる。

しかし、「できない、もう練習やめる」

なんて言った時の母の表情は半端ない

「ちゃんとやるまで、だめよ!」

もう、ピアノをやるわたしの目に何度涙がたまったことか・・・

しかし、高校まで弾いてきて本当に良かったと思える。

そう、そんなわたしだから、モーツァルトの偉大さは痛いほどわかる。

ピアノって音に全てがあらわれてくるでしょ、わたしの表情とは別に・・・

だから、わたしのような神経の持ち主ではピアノは上手く弾きこなせないの

かなあ~なんてセンチになっていたりします。

« お寒うございます。 | トップページ | 明日はアカデミー »

コメント

モーツァルトってこんなに愛されてるんですね。
私もピアノ弾きですが、モーツァルトの中からベストを選べと言われたら、ピアノコンツェルトの23番かなあ。オペラなら、「コシ・ファン・トゥッテ」、レイクイエムも大好きだし、クラリネット五重奏曲も…。ゴールデン・ウィークの「ラ・フォール・ジュルネ」モーツァルト特集が今から楽しみでたまりません。朝から晩までモーツァルト三昧だ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト生誕250年:

« お寒うございます。 | トップページ | 明日はアカデミー »