« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

人の好み

チーム奥山美女軍団???

かずえ、よしみ、ひさえ

三人が男性の趣味について語らった。

まあ、この三人が語らうぐらいだからたいしたことないし、

むしろ、美女でもない。

でも、人の好みは面白い

しかし、かずえとひさえは全くもってかぶらない

でもよしみとひさえは危ない。

「うわっいっしょじゃん」

って時がたまにある。

合コンなんかに参加したらかずえは

「女性のような美形顔か、ちょっと太めさんか、サル系ね」

よしみは

「さっぱり顔」

なんていうが、

「イケメン顔がタイプ」

だから、3人が参加したらそれぞれ違う人を選ぶ気がする

何度も言うが、かずえとは誰もかぶらない。。。

ひさえは話にセンスのある人がいいなあ~

でも、とにかく異性のタイプの話はつきなくて

その上、害がなくておもしろい。

次回は男性スタッフの話を書きますね。

お楽しみに(^^)

2007年5月29日 (火)

店長の妻・・・久美子

最強といえば柳橋久美子。

といって、皆様はピンとくるでしょうか?

フロアーの上ではあんなに優雅でそして可憐(^^)

時に少女を思わせ、時に妖艶な雰囲気を醸し出す。

ダンサーであれば誰しもが憧れる。

しかし、一度シューズを脱ぐと

「え~~~何でそんな発想が?」

と、思うことがたびたび、だ。

もしも、あなたが手にコップを持っていたら?

そして、そのコップを手にしたまま新たなコップを手渡されたとしたら?

そう、もともと手にしていたコップを置いて、

新たなコップを手にしなくてはいけない。

しかし、最強である柳橋久美子は・・・

書かなくてもわかっていただけたかな?

床は大変な事になった

「ねえ、質問なんだけど」

「はい、何でしょうか?」

「ほら、え~っと、本読んで知ったんだけど、あなた知ってる?」

「はい、ですからどんなことでしょうか?」

「え~っと、さっき読んだんだけど、その言葉忘れちゃった」

「・・・・・・・」

「今の話はなかったことにして(^^)」

「あっはい、わたしはいいですけど。。。」

んねっ、なんかすごいでしょ?

でも、いつも心が温かい。

一緒にいるとホッとするんです。

さあ、皆様も久美子ワールドにいらっしゃいませんか?

2007年5月22日 (火)

慎太郎先生の悩み

当スタジオの店長、柳橋慎太郎は悩んでいた。

昼間皆が活発に話していても、

椅子に座って皆を見ているだけ。

「どうしたんですか?」

「いや・・・」

かなり、お悩みの様子。

しかし、チーム奥山美女軍団とイケメンはいつになく

おしゃべりに花が咲く。

それを聞いている慎太郎先生が

「おまえたちって・・・」

その先は言われなくても皆わかっている。

なぜなら、皆ちょっと頭がおかしい。

しかし、笑いが絶えないおかしさだから

慎太郎先生も笑みがこぼれる

「本当にそれぞれ違うおかしさがあるんだな、

おもしろいよ、でも・・・本当に馬鹿ばっかりだな」

「イエーイ(^^)」

わたし達はいつも楽しいことを考え、そして笑っている。

だから、慎太郎先生も悩みではなく幸せにかわっていく。

じゃあ、いいだね。

2007年5月21日 (月)

昨日はC級競技会

奥山先生と久美子先生のここだけの話

と思いましたが、

二人で対談しながら競技会を見ることができなかったので

今日のコメントをしてみます。

俺は

「決勝ちらっと見る限りH君が優勝かと思った」

「それと189番今日良かったよな~」

私は

「予選からI君良かったな~」

「それと、予選のうちにいなくなっちゃったけど

58番の人はMy Favoriteだったなあ~」

慎太郎先生のコメントも残しちゃおう

「1予選見る限り129番パッと目に入ってきた」

奥山先生久美子先生は

「う~ん、でも~、う~ん」

ちょっと悩んだ感じ。

慎太郎先生が

「誰がきてもおかしくない試合だよ」

そう、本当に点もばらばらだったよう。

競技会に絶対はない!

だからどの選手にもチャンスがある、そう信じている。

もっといろんなコメントあったけど

禁止用語・・・じゃなくて、辛口トーク満載だったりするので

また次の時に。

さあ、皆さんも聞きたいことがあったらどうぞ!

ウェルカムです(^^)

2007年5月18日 (金)

どうしたんだろうなあ~

小さい頃公団に住んでいたわたし。

子どもが外で遊んでいると、

部屋から親の電話の声が聞こえてくる

それも、4号館の友達の母と5号館のうちの母。

すごいでしょ?そのままベランダに出てしゃべればいいのに・・・

そして近所のおじちゃんはいつも外にいて子どもの遊ぶ様子や

花壇の水まきを楽しんでいる。

そしてそのおじちゃんはおやつもくれるし、よく怒られもした。

そう、小さい頃ってもっと近所が近く、

たくさんの近所のおじちゃんとおばちゃんと一緒だった。

ご飯もよく近所の家で食べたなあ~

家で食べていても近所の方が作ってくださるものも多かった。

「これは誰々、これは誰々、そしてこれは誰」

って、

「ママが作ったものってご飯と味噌汁じゃん」

というように・・・

5時になったら必ず「閉め出し」

そう!この閉め出しはわたしは何度も経験した。

5時を過ぎると玄関の鍵が閉められるのだ。

「もうしませんから(::)」

「ごめんなさ~い」

そして、階段のところで30分くらいしくしく泣く

かわいいわたし。。。そして家の前でなく上の階の近くの階段で泣く

すると。上の階の近所のおじいちゃんとおばあちゃんが

「ご飯食べる?」

ときいてくれたりして

「うん」

と言っておじゃまする。

どうなるかと言うと、

急に泣き声とわたしの姿が消え

親たちが捜し始める。

そして家に入れてもらう。

今はこんなことないんだろうなあ~

わたしの理想は近所の子ども達を集め

遊ばせ、笑わせ、泣かせ、そしてけんかもさせ、仲良くさせ

そんな人間味を味わう環境を作ってあげたい。

つくづく思う今日この頃・・・です。

わたし、どうしたんだろう・・・

2007年5月17日 (木)

今週はC級競技会

どのクラス戦もハラハラドキドキする。

自分達が出なくても・・・

逆に、見ている人たちのほうの心臓がバクバクする。

ここだけの話、

今週の大桟橋は社長もいるし、久美子先生もいるはず。

そこで!

来週の初めに

「おもしろい観戦日記」

題して

「奥山俊一、柳橋久美子のここだけの話」

を載せたいと思います。

楽しみにしていてください。

2007年5月14日 (月)

わたしにも・・・

かわいい時代ってものがあったはずだ!

いや!絶対あったはず・・・

つい最近のこと、

みんなで休みの日、午前中に練習したから、

ランチしに行こうということになった。

皆様もお分かりのように、

神田の祝祭日は閑散としている。

そこで、おいしく食べられそうなお店は

「鰻」くらいしかなく

皆で行こうという事になった。

5人の人間は行く気満々で店にも勢いよく入っていった。

しかし、そこでメニューを見ていると、

「ここって鰻しかないですか?」

っとかわいい子がぼそっと問うた。

「もしや?」

「もしかして鰻食べられなかった?」

「・・・はい」

「うわ~ごめん」

もう店に入ってみな注文をした後、

出るに出られない。

その子にはじめにちゃんと聞いてあげればよかったものを

みんなで勢い良く鰻屋に突入してしまった。

そして、その子は鰻屋でごはんと漬物の精進料理・・・

本当に悪いことをした。

もっと気を使ってあげなくてはと反省した一日でした。

かわいい子っていうのはなかなか言えないものなんだから・・・

2007年5月11日 (金)

母の日

小さい頃、母の日もひとつのイベントだった。

延命寺というところで必ずお祭りがあったのもこの日だった。

そして、うまいことにカーネーションの植木鉢があり、

母親に買って帰る子が多く、そこの店は大繁盛していた。

あの時代、弟達がそこのカーネーションを買って帰ると母は喜んでいた。

しかし時がたつにつれて、母親も変わってくる。

学生でバイトを始めた頃から、

一緒に食事に行くと母が席を早く立つことが多くなった。

これってどういうことかわかります?

そうです。そういうことです。

かわいい植木鉢では喜ばなくなった母は・・・

今後どのようなもので喜んでくれるのか末恐ろしい。

気持ち気持ちって気持ちを大事にしたいのに、

なんだか世の中はそうではすまなくなってきたようだ。

大人になるって大変なこと(^^:)

皆様もそう思いませんか???

2007年5月10日 (木)

ダンスって面白い

先日の事です。

あるカップルとダンスの練習時の会話のあれこれをしゃべっていた。

すると、本当にどこも似ていておもしろい。

リーダーが

「うちのパートナーの口の利き方さえ上手くなれば・・・」

「俺もっと上手くなるのにな~」

別のリーダーもはじまった。

「そうそう、うちもそう」

「それとか、○○先生はこう踊ったけど、うちのリーダーは違う

とか、ばかげた事いうから、俺はチャンピオンじゃないって

言ってやるんだ」

またまたはじまった

「でもうちのパートナー、別にいいのよ、何でもついて行くから

みたいにキャパが広いこと強調していうんだよねえ」

「そうそう、うちもそう」

もう、リーダー達の言うことと言ったら止まらない。

でも、わたしは思った。

そういう人たちのパートナーは実際わたしの目から見ても

かなりやっているように思う。

もちろん完璧なんていうのはありえない。

しかし、わからなくてもがむしゃらにやっている。

だから、ダンスの話が真剣でそして一途だ。

小さかったら体がぶちぎれるくらいに使うべきだし、

出来なかったら口を動かす前に体を使うべきだ

っと常に思うわたしだ。

そして、助けてくれるコーチャーがそばにいてくれて

やっぱり幸せだ。

さあ、皆様も楽しみながらダンス踊りましょう。

ダンスの話はつきないですよ~

次回も楽しみにしててください。

2007年5月 9日 (水)

チーム奥山のオンナ

きゃー意味深な感じで、やらしい~

いや全然そういう話ではない。。。

むしろ、もっと現実的で悲劇な話。

慎太郎先生は

「うちの男達は面食いではないよなあ~」

と言って、皆の頭を悩ませた。

浩子先生はお分かりのように「美しい」

久美子、千恵、久絵は・・・

「スリーフラット、スリーゼット」

と言われる、最強軍団。

この意味はスタジオに来た方でなければ教えてはあげられない

でも、よっちゃんはかわいいから、

チーム奥山の女性は確率的には悪くない。

なんだ、そんなに悲劇的な話ではないって事。

次回はダンスのことについて真剣に語っちゃおう!

2007年5月 8日 (火)

みんなのユーモア

うちの先輩が

「私、なんか今日になって筋肉痛が出てきたみたい」

と、発言して、わたし達の目を丸くさせた。

日曜日にあった競技会の筋肉が今になって反応するなんて

17だからそんなことありえない・・・

という目だ(@@)

だから、こういうとき必ずイケメンにふってみる

しかし、よっちゃんが入ってきたから、かわりにふってみた

すると!!!

「先輩、私はまだ筋肉痛でてきてません」

すばらしい回答だ。

解説すると、よっちゃんの筋肉は先輩のそれよりも

遅いということです。

拍手「パチパチパチパチ」

2007年5月 7日 (月)

これからも日々・・・

ダンスを踊れるのは本当に幸せですねえ~

そして、あんなにもたくさんの応援を受けて踊れるのは最高です。

「夢と希望と・・・」

なんてかっこいいことは言えませんが、

踊る幸せを皆様にわかっていただけるだけで嬉しいです。

技術はまだまだなんですよねえ~本当に

でもスタミナだけは負けないぞっという自信を持ち頑張ってきました

でも、でも、水泳の北島さんが毎日13キロ泳ぐというのを知って

足りないことを感じ、私も日々、技術とともにスタミナをさらに強化し

次は、周りを「う~ん」とうならせようと思っています。

これからもよろしくお願いいたします。

2007年5月 1日 (火)

チキンチキンチキン(^^)

世の中にはすごい人がたくさんいるんですね。

あの、外国映画でしか観たことがないような

それも、クリスマスで作られるあの立派なチキン!

作ってきてくださった方がいたんです。

わたし、すごくアレにあこがれていたんです。

なんだか、素敵じゃないですか?

チキンにいろんなものを詰めて、オーブンで焼く。

もう、すごいことですねえ~

でも、味も最高、見た目も最高。

写真もお見せしたいのですが・・・

まあ、パソコンもちゃんと扱えないので

次回載せてみますね。頑張って(^^)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

最近のトラックバック

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ