« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月20日 (月)

ユーモアが大事!

サーシャナターシャが帰国した。

いや?まだ日本のどこかにいるかもしれない。

土曜日にサーシャがイケメンに

「そのパワーバランスどうしたの?」

といって、パワーバランスの話で大盛り上がり。

イケメンは例のごとく

「今はパワーバランスしてますから、

ナチュラルターンも調子いいけど・・・」

といって、完璧なナチュラルターンをして見せた。

それでもって、

「もしこのパワーバランスがないと・・・」

っといって、パワーバランスを外したとたん、

フラフラして、ナチュラルターンも案の定できないことをアピールした。

それを見たナターシャは大爆笑。

もう一回、繰り返してまたまたサーシャ、ナターシャ大爆笑。

しかし、ここでナターシャが

「でも、私のレッスンのとき、それしてた?」

って、笑いながら言うじゃありませんか。

どういう意味かわかります?

ナターシャのレッスンのとき、そのパワーバランスしてたくせに、

すごく良いわけじゃなかったわよね?

っといって、わたし達を大笑いさせてくれた。

なかなか、洒落たこと言えるなって感心しちゃった。

また、2月に会うの楽しみになってきた。

2010年12月17日 (金)

サーシャのフットマッサージ

わたしが毎週金曜日に受けているフットマッサージ、

お洒落にフットマッサージなんて言ってるけど、

完全に足ツボ攻撃。

痛いのなんのって、

あんなに痛いのに、なんでお金払うのって、

本気で思ったことあったんだ、

でもやってみると、毎週やらないとダメになってきて・・・

そして、何を思ったのか、

サーシャも

「やってみたい!」

なんて言い出して、

わたしは、

「大丈夫?」

って、マジで心配してあげたんですよ。

でも、彼は、ニコニコしながら、

「大丈夫大丈夫」

って、余裕の表情。

しかし、5分たった瞬間

「ぎゃ~~~~~」

って、ありえない声を発して、

あのでかいサーシャが手を伸ばしたり、カラダを固めたりしてたから

わたしが

「サーシャ、リラックスリラックス」

「ショルダーダウン」

って笑いながら言っても、

英語かドイツ語で、ありえない痛さを表現していた。

もう、見ていて、おかしなくらい痛がっていた。

「大丈夫?」

って聞いたら、

「ダメだ!」

って叫ばれた。

だから言ったじゃん!最初にって思ったけど。。。

終わった後、

「もう、これで最初で最後だ!」

って言って、泣きそうだった。

しかし、次の日

「気分はどう?」

って聞いたら、

「昨日は痛かったけど、今日は調子がいい」

って、なかなか嬉しそうだった。

よかったよかった。

2010年12月14日 (火)

合コン

いまどき合コンなんてあるのかしら?

わたしは、学生のころも、社会人になっても

合コンなんてものに縁はなかったけど・・・

たま~に、空想の世界で先輩に

「あなたと合コンに行ったら、

はい!先輩はこっちとか言って、

変なところに追いやられそう・・・」

なんていうから、

「そんなことないない、

わたしと先輩は男性の好みが全然違うから」

って言って笑ってるんだけど、

じゃあ、うちの女性陣はどれだけ、趣味が違うか、

って、話になって、

「SMAPと合コンしたら、誰選ぶ?」

で、大盛り上がり

そして、衝撃的事実が判明したのです。

どういうことかって言うと、

2対2に分かれてしまって、

結局、SMAPとは合コンできないねってなったの。。。

先輩と美帆ちゃん

よっちゃんとわたし

が同じ人物。

5人いるんだから、もうちょっと分かれてもいいのにね。

まあ、でもTOKIOとやったら、結構大丈夫だったから

って、うちらも幸せだね~

そういう人達と、会う機会もないんだから、

話してもしょうがないって。

んね。

2010年12月13日 (月)

神と呼ばれる男・・・なのに

今朝、衝撃的な事件があった。

それはどういった話かというと、

まあ、笑った笑った。

物語に入る前に、状況を少し説明しますね。

店長は朝からレッスンがあり、

姉さんは外での用事があり、

別々に出勤してきた。

こんな時、店長が車に乗ってくる。

さあ、物語が始まります。

後から出勤してきた、姉さんが

「慎ちゃん~紙袋持ってきてくれた~」

っと、大きな声が教室中に響き渡った。

すると、

「あ~~~~~~」

っという、得体の知れない声が発せられた。

「嘘でしょ!」

店長の顔は蒼白、

「だって、玄関に置いてあったじゃない、

でしょ、手紙も書いておいたし、

ちゃんとした紙袋だったでしょ」

それを聞いていたわたしが、

一応助け舟として、

「よくあることですよ!わざわざ、またいじゃったんですよね」

「ありますあります、お客様もよく言いますよ!

先生に渡そうと思って玄関に置いていたのに、

わざわざ、よけてきちゃったわ!」

しかし、姉さんはそんなことでは、収まらない

「あの中に仕事で履くパンツも入れてたのに!」

「でも、久美さん、今履いてるパンツもとってもいいよ!」

って、店長は収めようとしてたけど、

「だって、玄関の絶対わかるところじゃない、

じゃあ、私、一体どうしたらいいのよ!」

「俺もわかっては、いた。。。」

まったくもって力のない声だ・・・

まあ、ないものは仕方がないので、

日常の生活が始まりかけて、

でも、やっぱり言われたらしい・・・

「どうしたらいいの?」って

どこの夫婦でもある会話ですね。

神と呼ばれる男でも、人間なんです。

2010年12月 9日 (木)

コミュニケーション

昨日、再び非常勤スタッフが来日した。

「???」

って思うでしょ。

世界のファイナリストつかまえて何を言ってるかって感じ。

「すみません」

でも、チーム奥山女子軍はひどい!

何がひどいって、

外国の人に向かって、

英語とも日本語とも思えないような言葉を使って、

それは、それは普通そうに会話をしていることだ!

これでいいのか?

しかし、コミュニケーションが大事だって思うのは、

だんだん、英語も使えてくるってこと、

よっちゃんにいたっては、

あやしい表現も多々あるが、

今日は、

「うっじゅ~らいく、こっふぃー、おあ~、てぃー?」

なんて言って、完璧に意味が通じた。

普通でしょ?

なんておっしゃってはいけません。

小さなことからコツコツと、なんです。

しかし、今日先輩にこんなこと言われました。

「ねえ、今日、自分誰にレッスン受けてた?」

「えっ?わたし?カラベーだけど?」

見てわかんないのかな~って思ってたら、

「あのね~外国の人にレッスン受けてる感じじゃなかったよ」

「・・・・・」

「日本人と話してるのかと思ったよ!」

だって(^^)

自分では全く気付いていない。

これは、かなりの重症だ。

かなりコミュニケーション取れてると思っていた。

のに。。。

しかし、明日もスタッフとうまくコミュニケーションとっていこう!!!

2010年12月 6日 (月)

さあ、次は?

まあ、ここもかなり長く二人でいるわけですよ!

「私~もう、12年も恋愛してないんです~」

なんて、オシャレな発言しちゃって、

可愛いと思いません?

でも、相手が、

「えっ?俺は5年くらいですかね~」

とか、言ったら大問題ですよ!

そしてここの二人も、なかなかスゴくて・・・

旦那様も普段は男らしく

しっかりしてるんだけど、

お酒飲むと。。。

最近は静かになった方かな?

でも、パートナーはいつでも、飛んでる!

今日だって、女性スタッフと一緒に受付にいた際、

旦那様あての電話を受けたらしく、

呼ぼうとしたら、フロアーで見当たらなかったらしいんですよ。

受付の二人ともだって言うから、おかしな話ですけど、

誰のことかと、思って、

聞いてみると、

目の前にいたらしいのに、

その目の前にいる、旦那様が見当たらなかったって

言うんですよ!

「二人でおかしいね。」

「いないね~」

って、アホな会話をしてたらしいんですよ!

今日という今日は、旦那様も呆れたらしく

「うちの○○、やっぱりおかしいのかな~」

って、旦那様が心配してました。

さあ、いったいこのカップルは誰でしょう???

2010年12月 4日 (土)

さあ!今日のカップルは?

今日は当ててもらおうかな?

まず、

基本ずっと仲がいい。

女性のほうが、とにかくレジェンドなんで、

常に凄い発言!すごい行動を取る!

それが通常なので、

お酒が入ると・・・

もう、笑いと賑やかさと半端ない。

「お前は本当にうるさい!」

って、旦那様が怒るけど、あまり効き目はない(^^)

で、二人が仲がいいのは、いろんな話し合いから、

生まれてくるものだけど、

やっぱり、最後は旦那様がびしっ!と決める。

先日、あるお店の予約をしていた。

通された部屋が座敷で、他のフロアは掘りごたつだったので

「すみません、こっちの掘りごたつにしてもらえますか?」

って聞いたら、お年寄りの二人の店員が

「う~ん、こっちは人が来るかもしれないから」

「そうね~、足の悪い人が来るかもしれないから・・・」

店員は、掘りごたつを譲ってくれなかった。

しかし、すごく大きなフロアに

二組の客しかいなくて、

まあ、簡単に言うと、その日は空いてたんですよ。

しかし、もう女性は、

「わかりました、ちょっとすみません」

っといって、お店を出て行ってしまったんです。

そして、外で、わたしに

「あんたなら、どうする?」

っとふられて、

「わたしは、先生にお任せします」

すると、

「じゃあ、旦那様に聞いてみるけど・・・」

っとはいいましたが、ここでわたしは思ったわけです。

「絶対にこの場所に、旦那様がいたら、その場でキレているだろうな!」

そして、案の定

こんなことがあったんだけど・・・「どうする!」

「あたりまえだろ、断ってこい!」

ほ~ら、絶対そうだと思った。

「わかった、じゃあ、今店の人に言ってくるね」

もう、びしっとしてて、迫力がある。

さあ、このカップルは誰でしょうか?

2010年12月 3日 (金)

いろんなカップル

みなさんもいろんな人、知りたいと思うので、

ここで少し、お教えしちゃいますね。

やっぱり奥山ダンスの社長からいきますか!

こちらは、結婚25年はたってるかもしれないですねえ~

ってことは、10代のうちに結婚したのかしら?

まっそんなことはないか!

ってな感じで、もう、生きてるうちの半分以上一緒ってことですよ!

もう、そりゃ~ベテランの域っていうのかな~

社長が、典型的な

「一人っ子A型」

なわけだから、わかるでしょ~。。。

わたしは、わかりますよ!

具体的にここであ~だこ~だ、

書きませんが後々わかってくると思います。

そして、

浩子先生は誰もが認める、本物の美女!

この教室では偽物の美女もいますから(^^)V

社長は若い女の子にはあんまり興味ないから、

やっぱりいつまでも浩子先生がいいのかもしれない。。。

そして、次は先輩の夫婦いってみようかなあ~、

ここも、とってもいいコンビなの。

コンビっておかしな言い方だけど、

先輩のことを包んでくれる人はこの人しかいないな~って思う。

本人は

「私、ガクトとか大泉洋、カバちゃんみたいな人がいいんだよ」

なんて言ってるけど、

何をおっしゃいますか!

今の人が全て兼ね備えてるわけですよ!

だって、先輩だって

「一人っ子A型」

なんですから・・・

そして、最後極めつけ夫婦、

小林組いきますか!

正真正銘、

「新婚さんいらっしゃ~い」

でも、ここも域に達した感じ。

日だまりの縁側にいてぴったり、

二人の話聞いてると、

でた~

小林の「一人っ子A型」

が、ものを言う。

分析力に優れ、

人を良く観察し、

あ~言えばこ~言えるし、

そして、自分を大事にしてくれないといじけちゃう。

んね。

わかってきました?

一人っ子A型ってやつを・・・

次回もまた、カップルを紹介しますね!

お楽しみに

2010年12月 2日 (木)

イケ蔵

今日の題名もまたおかしな感じです。

なんでこんな題名か分かります?

ピンっとくる方はきますよね~

そう!今話題の「海老蔵」

にちなんで、

「イケ蔵」

イケメンが

「僕も海老蔵みたいな、プレイボーイだったらどうします?」

って聞かれて、

「大丈夫、その心配全くないから!」

「そうですかね~」

「そうだよ!だって、まず、海老蔵ほどお金がないでしょ!?」

「そうか~やっぱりそうか~」

「そうだよ!でも、もしイケメンが海老蔵だったら、イケ蔵って呼ぶね!」

って言って大笑い。

そのイケメンは、お客様に

「先生の下の名前、漢字書けなかったから・・・」

っと言われて、

「〇〇王子」

って書かれなきゃいけないところを

「〇〇玉子」

って書かれてたんですよ!

すごいでしょ~うちのイケメン、

「おうじ」

のはずが、ただの

「たまご」

ですから。。。

まあ、そんなわけで、

うちのスタジオに「海老蔵」はいない。

としみんだって、

「あんたもいろいろ気をつけなさいよ!」

って言ったら、

「僕、夜は家にいる派なんで

なんで、にぎやかなところに行くのか、

皆目わからないですね~」

って、ダメだこりゃ!

男の香りを放つ男性はいないのでしょうか・・・

いたらいたで、ひきますけどね(^^)

2010年12月 1日 (水)

感動って・・・

覚えていますか?

一か月前、スタッフが試験を受けた話。

なんと!

みんな合格してたんです。

それも、よっちゃんはかなりの高得点。

美帆ちゃんは、満点かもしれないって

言ってたあの自信に後押しされた、

2問間違いだけの、合格!!!

この二人は、本当に合格が危ぶまれていましたから・・・

実技に至っては、思いのほかとしおが伸び悩んだようで、

「どうしたの?」

「え~能ある鷹は動きを隠すってやつで」

「・・・・・・・」

相変わらず、お口のとしおちゃんだ。

あ~言えば、こ~言うけど

これだけ、面白いこと言えたら、

感動すら覚える。

そして、今週はもう一つ涙の感動があった。

アマチュアの方たちも、A級になったら、

それを維持していかなくてはいけないので、

大変な想いをする。

毎日毎日練習して、体がボロボロになっても諦めない。

まず、これに感動するわけです。

「落ちても、また上がればいいや!」

っといって、諦めることもあるかもしれない。

でも、やっぱりやるからにはとことんやらなきゃ!

って思う人達がいて、やってるわけです。

その人達が、日曜日に維持を決めたとき、

声を聴いただけで、涙が出ました。

「先生!やりましたよ~」

の一言で・・・

あ~わたしも本当に気合入れなきゃ!

もちろん、みんなにも気合入れるけどね。。。

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ