« 本当にぴったり4日だ!敢闘賞大賞受賞者 | トップページ | 奥山部屋 »

2011年2月 3日 (木)

お話の内容(^^)

昨日の続きってことで、書いてみますね。

とにかく、なんでこんなくだらない話を楽しくできるのかって、

やっぱり、いつの時代でも、

ジャニーズって言うのは、すごい!

例えば、年的に少年隊

たのきんトリオ、光ゲンジ

「流行った流行った」

って大騒ぎ。

そして、SMAP、

今や嵐

店長が

「俺だって、全部名前言えるぞ!」

って、本当に名前を上げていた。

これはすごいことですよね。

グループのみんなを言えるって、

そして、ここからが本題

「わたしも息子できたら、ジャニーズ事務所に入れようかな」

先輩も

「私も入れちゃおう!」

すると、店長が

「おまえらなあ~自分と相手をよ~く見てみろ!」

「○ちゃんは、どう見てもジャニーズって感じじゃないし

○ニキに至っては完全、Vシネマ系だ!」

「え~~~じゃあ、店長の子どもはどうですか?」

ってきいたら、10秒考えて

「いける!」

とかいって、3人で笑ったんですよ!

明らかに店長だって、ジャニーズって感じじゃないんですよ!

それをまあ、しばらく考えて、いけるって言っちゃうんだから、

楽しいでしょ。

まあ、店長はまだまだ面白い話あるから次回書きますね。

お楽しみに(´ー`)/~~

« 本当にぴったり4日だ!敢闘賞大賞受賞者 | トップページ | 奥山部屋 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お話の内容(^^):

« 本当にぴったり4日だ!敢闘賞大賞受賞者 | トップページ | 奥山部屋 »