« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水)

イケオ&としお

お~なんとも書き出しがかっこいい・・・???

「タッキー&翼」に負けてない?

しかし、やはり、「イケオ&としお」では、

昭和の感が出ちゃって、今風ではない。

でも、きっとこの二人、

「俺たち、別に今がどうってわけじゃなくて、

自分たちのスタイルを通しますから・・・」

とか、どうでもいい答えが返ってくるに違いない!!!

そして、この二人、

最高に面白いですよ!

まず、何から始まったかって、

イケメンの「正保守!」という言葉からだった。

「イケメンって、中学の頃から野球やってたんじゃないの?

ベンチを温めてたって話だけど・・・」

「僕は小学生の頃から、野球やってたんですよ!

それだって、中学の頃だって強いチームのベンチだったんですよ!」

「・・・・・・」

「小学生の頃、本当はピッチャーやりたかったんだけど、

キャッチャーだったんですよ!

でも、僕・・・ボールが怖くて。。。」

「・・・・・・」

なんとも、びっくり発言でしょ?

ボールが怖くて、野球って!

そして、ここでとしみんに、

「あなたは中学のとき、サッカーだよね!」

「はい、中学高校サッカーでした、

なかなか俺には合ってましたよ!」

「そうだね~脚の長さといい、サッカーは合うね~」

すると、イケメンが

「でもさ~あの高校のサッカー弱くない?」

「まあ、弱くて人数も少ないので、必ずレギュラーでしたけど・・・」

「で、としおはどこだったの?」

「えっ俺ですか?キーパーですけど!」

「ぷはっ!!!!!」

もう、なんて言うんですかね~、

日本代表のキーパーは最高ですけど、

その学校のキーパーって・・・

「まあ、はっきり言いますと、練習の時は結構厳しかったですけど、

試合の時は暇だし、ゴールキックができなくて、

他のやつに蹴ってもらってたんですよ~」

「・・・・・」

イケオといい、としおといい、

なんでそうも、守りばっかりなんでしょうか!

それも、その部に本当に必要だったのかどうか。。。

いえっ部活動は、それだけじゃないんです。

チームプレイってのが大事だから・・・

「イケメンは基本、野球はむいてないよ!」

「やっぱりそうですかね~

高校の頃も野球やるはずだったんですけど、

バトミントンにしました!」

「ビンゴ!イケメンはバトミントンが合う

すごく合う!あの白のユニホームとイケメンの体は、

恐ろしいくらい似合う!」

「僕もあの時がピークでした、

県大会まで行ったんですよ!」

「えっまたベンチ?」

「違いますよ~」

でっ、としおに聞いてみた。

「じゃあ、としおは小学生の頃何やってたの?」

「~りえ部です」

イケメンが

「はっ?」

っと聞き返した。

「~りえ部です」

またまた聞き返した。

なんだったと思います?

「き・り・え・部」

だったんですよ~。

もう、いろんなことが衝撃的で、

笑いが止まらなくて、

結局、イケメン、としみん、わたしは

昼ご飯が進まなくて、食べきらないまま、

仕事に戻っていったのです。

すごいでしょ?

うちのトップアイドル達。

だから、言ってあげましたよ!

「二人は今が輝いてるね」

って、いかがですか?

2011年4月21日 (木)

メンズ スタイル!

最近うちのスタジオの男性は色気づいてる?

まあ、色気づいてるっていっても、

髪型に少し興味を持ち始めてるっていうのかな~

今日も、社長がさっぱりした髪型をして、出勤。

どんどん若返ってますよ!

でも、ある先生に

「一週間の間で、大きくなりました?」

って言われてましたけどね。

学ちゃんも先週の木曜日かな~

かなり、髪の毛に気合入れてましたよ!

後ろはトサカみたいになってて、

一時期のベッカム???かな~

としみんにいたっては、

たまにジェルで何かセットしてるんだけど、

なんていうのかな~、何かなんですよ!

んで、聞いてみたんですよ!

「今日の髪型はどんな感じなの?」

「あっこれですか!アラビックイタリアンです」

「?????」

そして、最近、先輩のリーダーも

パーマなんかあてちゃって、

おしゃれさんになってるんですよ!

素敵になっていくのはいいことですよね?

でも、極めつけが、

わたしのリーダーさん、

むか~し、バリバリのスノーボーダーで、

ビュンビュン?風切ってたらしいんですよ!

で、髪型もちょっとロン毛にして、

パーマあててたらしいんだけど、

本人はイメージ「江口洋介」だったのに、

周りからは、

「葉加瀬太郎」

と思われてたらしいんですよ。

すごくありません?

想像しなくても、笑える。

今でも、書きながら、思い出し笑い。

あ~どうしよう、止まらない。

2011年4月20日 (水)

店長と美女軍団

最近の店長は、

わたし達チーム奥山女子軍団、

人呼んで、

「美女軍団」

と、大の仲良し。

まあ、誰も美女軍団とは言ってくれないけどね。

どうして仲良しかって、

受付で一緒になれば

「あ~だ、こ~だ」

すごい話を繰り広げ、

控え室では、

もう、ダンスのこと、

女性とはどうあるべきか?とか、

そして、最近は店長に究極の選択を迫るわたし達、

「先生は、あの可愛い先生とわたし達だったら、

どっちとるんですか?」

「・・・・・・・・」

「まあ、おまえはないな!」

って、一番にわたしが外された(::)

「ひどいじゃないですか!

なかなかわたしだっていいとこあるし・・・」

そして、美帆は

「お前は最近悪い話には虫のように集ってくるしな~」

よっちゃんは、

「あんなに純粋だった、よっちゃんがこんなになっちゃって!」

そして、究極の美女軍団リーダー、

先輩は

「店長!私を選んでくれるんですよね!」

「あのさ~でもやっぱりあっちの先生がかわいいよ!」

だって。

こうして、店長とわたし達は、

日々どんどん楽しい話を繰り広げているのです。

2011年4月19日 (火)

ノルウェイの森

わたし、文学少女ではないけど、

本を読む。

今は浅田次郎著、

本はいつの時代もいつの人たちが読んでも、

変わらない面白さがある。

へえ、昔からそうだったんだ~。

って思わされることが多々ある。

結局いいものはいつの時代も変わらないってことだと思う。

そして、今日のお題。

「ノルウェイの森」

この本をわたしは、20才の時に読んだ。

衝撃的だったし、

人生観が変わった。

そして、それを話していたら、

美帆ちゃんから、

「え~あれってそんなに昔の本なんですか~?」

っときた。

すると、店長が

「俺もそれくらいの時だよ、

昔ってどういうことだよ!」

「ホント!カチンときますね~」

「あ~カチンとくるな~」

「やっちゃいますか?」

「姉さんがやれって言うなら、俺はいつでもやる準備ありますよ!」

美帆の「昔発言」に対して、

店長と笑いながら、締めちゃおうとしたわけですよ!!!

「ノルウェイの森」が昔って言われると、

昔の気もするけど、

でも、美帆と

店長、わたし世代では全く違うんだな~って

改めて思い知らさた。

店長とわたしもちょっと違うんだけど、

でも、美帆からしたら、

昔の部類になってしまうんだろうなあ~

あ~この現実たまらない。。。

でも、悪くない(^^)

んね?悪くないでしょ?

スタンダードC級戦

昨日、大森ベルポートでC級戦があった。

この試合は、人生を十分に感じる試合だ!

はっ?何それ?って思うかと思いますが、

この試合を経験した人は知ってるはずです。

どの人にもありますよね?

今頑張らなくて、いつ頑張る!?

っていうやつですよ。

そして、昨日愛しの先輩が、

素晴らしい踊りと、精神力で、

準決勝まで踊った。

決勝までは、次点の7位。

ここが、次の勝負になる!

まあ、それはいいとして、

「91番」

この数字にどれだけの念を込めて、

そして、輝かしい気持ちで見ていた事か・・・

社長達、店長達は、他の仕事でいられなくて、

昨日の姿を見る事が出来なくて、

本当に残念だったに違いない。

インプルーブという言葉があり、

そして、その姿をこの目で見させていただいたわたしは、

また、大いに気合が入っている。

そして、ここでお礼を言わせてください。

午前中から自ら試合に出て、

そして、このC級戦を

応援して下さった方々、

「本当にありがとうございました」

また、戻りますが、

昨日も決勝はコールでした。

そして、そのコールは、

数字が呼ばれるごとに胸がドキドキ痛くなり。

数字が近くなるごとに、お腹がぎゅ~と痛くなり。

祈ることしかできないから祈ってたら、指が痛くなり。

そして、決勝のフロアーを見て、先輩が踊っていないのを見て、

涙が出て、

その涙が止まらないのです。。。

絶対に決勝のフロアーで踊ってくれます。

そして、皆様の応援が何よりもパワーになります。

これからもよろしくお願い致します。

先輩のリーダー、最高に素敵でした!

2011年4月15日 (金)

わさお

この名前はすごいですよね~。

絶対に忘れないもん。

わたしは、小さい頃から大きな犬が好きで、

それも、犬らしい犬が大好きだ!

どんな犬かって、

しば犬、

ゴールデンレトリバー、ハスキー

「俺は犬だ!」

って顔してるやつ。

足も丈夫そうで、走るととにかく勢いがある。

そんな犬だ。

わたしの師匠が

「ブルドッグ」

を飼っていて、めちゃめちゃ可愛がっている。

が、しかし

どうみても、可愛いと言い難い顔だ。。。

そもそもわたしの思う、犬の顔ではない。

でも、見てると仕草もかわいいし、

動きも、お尻フリフリしながら、のろい。

そして、何ともダレた時の姿が愛おしい。

でも、顔とスタイルが・・・

そんなお顔だから、

師匠に、レッスン中

「お前は、このキャルロッタみたいだな!」

って言われると、完全落ち込む。

まあ、とにかく、犬って不思議な魅力があるんだな

きっと・・・

そして、わさお!

うちに、としお!って言われる男がいる。

だから、最近は

「わさお!」

って、言われてる。

みんなから、愛おしいと思われているのか?

単に、語呂が似ているからなのか?

「わさお~」

って呼ぶと、

それだけで、みんなニコニコしちゃう。

「わさお~」

って本当にすごい名前だね。

 

2011年4月13日 (水)

かわいかったら「1000ポイント!」

何の事?

って思われる方もいらっしゃるので、

ご説明しましょう。

先輩が、可愛い人と対決するために、

勝手にですが・・・

可愛い格好しようってことになったのが、

先週の話。

そして、昨日とうとうその日がやってきた。

誰がかわいいって認めるの?

ってなるので、

公平に、店長に判断してもらうことにした。

これも勝手に・・・

そして、可愛い格好でスタンバイしてる先輩に、

何も知らない店長が出勤、

「あれ、先輩、可愛いじゃん!」

わおっ!早くも1000ポイント獲得。

すると、昨日は勝手に対決した先生が、

「先生、そのスカート可愛いですねえ」

だって。

もう、ポイント以上に、

勝手に対決していた人から可愛いって言われたもんだから、

先輩も嬉しかったみたい。

すると、今日違う教室の男の先生に

「先生、素敵なスカートですね」

だって。

来た~~~~~!

って感じ。

とうとうきましたよ!

先輩の時代が(^^)

2011年4月12日 (火)

4月12日と言えば・・・

もしかして?

「かわいい」

って言われたら、1000ポイントってやつ?

それも大事ですが、

今日はなんと!

浩子先生のお誕生日でございます。

もちろん、野暮なことは聞かないでくださいよ!

凄いんですよ!

朝から、スタジオがお花屋さん。

昼にはケーキ屋さん。

夜にはお酒屋さん?

それくらいの勢いで、届きものがあります。

お誕生日はいくつになっても嬉しいですもんね。

「おめでとうございます」

そして、皆様、浩子先生にかわって、

「ありがとうございます」

日曜の祝杯

久々にダンスの試合があり、

ワクワクでした。

そこには社長がジャッジとして立っててくれたので、

チーム奥山、ウキウキしてたんじゃないかしら(^^)

仲間が応援してくれるのも本当に嬉しく、

それだけで、幸せなのに

当日、お客様のたくさんの掛け声を頂き、

大変感激しております。

ありがとうございました。

こうなったら、

その日は、やっぱり飲みたいでしょ~

社長夫妻

ほかスタッフ4組で、

行きましたよ~。

まあ、いつものように大はしゃぎ。

今週はC級戦、

美味しいお酒が飲めるように、

祈りを込めて応援します。

2011年4月 9日 (土)

色んな事があふれかえる控え室

何度も書いていることだけど、

本当にこれだけ、

個性が集まったら、

話は尽きない。

ある日、

「ちょっと聞いてよ~美容院で

変身する気ありません?

って言われて、何かと思ったら、

ウィッグみたいなの勧められたんだよ~」

「・・・・・」

「そりゃ~ひどいね~でも、変身ならいいんじゃない?」

「でも、やでしょ~勧められるのって」

「・・・・・」

とか、

「あれっ?ひげ剃ってる?」

「はい、朝剃りましたよ~」

「え~~~まだ、3時間しか経ってないよ~」

とか、違う場所では

「あれっ何だか剃り込み入ってます?」

「伊勢谷ゆうすけみたいだよ!」

とか

「髪上げで美容師さんに

若くお願いします!って言ったら、

”はっ”って聞き返されたから

もう一回、言って

”はっ”って言われちゃったあ~。」

とか、もう体に関わるありとあらゆる話をしたら止まらない。

美意識なのか?

それとも、興味なのか?

好奇心なのか?

みんなだめだ~。んね(^^)

2011年4月 8日 (金)

よっちゃん

今日はまた朝から大騒ぎ。

どうしてかって?

よっちゃんがイメチェンしたことから話が始まるんだけど、

いや~ビックリで大笑い。

髪の毛は、

「女の命」

とまで言われている。

だから、本当に髪の毛ひとつで、

いろんな話が繰り広げられる。

で、よっちゃんはその髪の毛をカットするにあたって、

ゼネラチオンって、ことをやってもらったらしい・・・

「ゼネラチオン?何それ?」

「先生~すごいんですよ~やってあげましょうか~」

「うん、も、はい」

も言わないうちから、

「こうやってやるんですよ~!」

って、「ぎゅ~」

みたいな感じで、髪の毛をひっぱている。

でも、わたしはちょっとやそっと引っ張られたくらいで、

なんともなかったの。

しかし、よっちゃんは、

「こんなもんじゃないんですよ!

もっとぎゅ~っと引っ張られて、カットされるんです」

「でも、本当にその後気持ちよくて、

体のなかもずっと火照ってたんですよ!」

なんとなくわかりかけてきたけど、

いまいち、よっちゃん自体がピンッときてないらしく、

こんな感じです。

何の前触れもなく、イケメンの髪の毛を

「ぎゅ~~~」

って引っ張って、イケメンがびっくりした顔をしてた。

すると、まだ、説明してくれようとするよっちゃんが、

「としみんにもやってあげるよ!」

ずいぶん今日のよっちゃんは積極的。

としみんは、マジ顔で

「大丈夫です、本当に大丈夫です」

「やってあげる」

っと近づくよっちゃんに

「本当に大丈夫です、それはプロのお仕事、やめて~!」

っていう勢いですよ!

なのに、よっちゃんはとしみんの背後に立ち、

ちゃんとやってあげました。

すると、としみんの顔は、イケメンの顔より

ビックリした顔してて、見てる方がおかしくて大笑い。

あの姿は、本当に凄くて、

必至に抵抗するとしみんと、よっちゃんのやり取りがたまらなかった。

おそるべし、ゼネラチオン!

2011年4月 7日 (木)

また今日も

アレの話で盛り上がった。

意味深でしょ?

アレの話は、とにかくみんな参加できて、

想像が膨らむ。

男も女も、ですよ!

そう!

子どもあるある!

今日は、産むところから始まるんだけど、

とにかく、先輩は自然分娩を目指す。

でも、以前書いたように、立会い人は

としみんが担う。

これは前から決まってる。

でもって、医者に問われたら、

「スタッフですから」

って答えることになっている。

こんなところからすでに、ありえない話を繰り広げる。

そして、やっぱり、これからの子どものあり方を話していて、

「今、企業に就職したいなら、バイリンガルは当たり前」

「頭の回転がよくないとね!」

「とにかく、ボットしてたらダメだよ!」

「私の子どもだから、頭はダメかな~」

「じゃあ、スポーツマンにさせよう!」

「二人は、背が高いから、子どもも背が高いよ!

顔が良ければモデルだね!」

「でも、なんか、合わさって、変な感じになったらどうしよう」

「・・・・・」

「わたしの子どもはとにかく、骨は強いはずだから、

スポーツはさせてあげたいなあ~」

「じゃあ、やっぱり、私はダルビッシュの子ども産む」

「・・・・・」

ここに、男も女もいて、

盛り上がるんだよ!

「まあ、今のところ、誰も経験してないですからね。」

そう、何でも話せちゃうわけです。

みんな、お父さん、お母さんになれるかな~???

2011年4月 6日 (水)

飽くなき追求心

まあ、この言葉を聞いて、

また~って思った方も多いはず。

どんな事かって、

先輩が、うちのスタジオに来るある先生を

「可愛い可愛い」

って、連呼して、

「私と何が違うんだろう?」

って、なったから、

「着てる洋服が違うんじゃないの?」

っと、コメントしてみた。

もちろんそれだけじゃないけど・・・

すると、

「そうなのかな~?」

「そうだよ!練習着だって、めちゃめちゃかわいいの着てるじゃん!」

「そうか!私はそこが違うのか!」

思いのほか素直な先輩。

すると横から、

「私、可愛い髪飾り持ってます!」

っと、美帆登場

「ミニ帽子なんですけど、可愛いですよ!」

「それはいいや!先輩がつけたら怖いでしょ?」

「そうですか~可愛いと思いますよ!持ってきます。」

これは恐ろしいことになったぞ!

先輩は、早速作業に取り掛かっていた。

まずは練習着から変身。

誰がジャッジするかっていうと、

「店長!」

もちろん店長はこのこと知りませんが、

来週、店長が

「先輩、可愛いじゃん」

って言ったら、1000ポイント!

よっちゃんも美帆ちゃんも注意して、

店長の発言に耳を傾けるはず!

店長は知らないのに、

変なプレッシャーがかかってるんだろうなあ~

いろいろなことを考えるわたし達が面白い。

2011年4月 5日 (火)

親子?

まず今日の書き出しは、

社長。

以前、としみんが入社して、

としみんと社長が戯れているとき、

「あれっ、なんだか社長、お父さん見たいですね」

って口にしたんです。

社長とよっちゃんも、

親子の感じが出てますね~。

なんだろう、社長のはずなのに、

お父さんに見えちゃう不思議な力。

でも、ここはまだお父さんの域じゃないですか、

社長と美帆くらいになると、

完全に

「おじいちゃんと孫」

の世界。

今だって、隣で、

二人で遊んでるんだけど、

やることが、もう、ヤバイ!

ヨガの

「こばとのポーズ」

とか、

二人で、パントマイムをやり始めては大騒ぎ。

でも、社長は普通にみると

若いですよ~、本当の年を当てることができない、はず!

じゃあ、社長と先輩といえば、

コンビ。

もう、素晴らしいコンビです。

お笑いってほどのコンビじゃなく、

夫婦って感じのコンビでもなく。

なんだろう、戦いの中二人で生き残ってきたもの同士、

じゃあ、コンビじゃなくて、同士だね。

っというわけで、

かわいいスタッフがいっつも社長をお守りしてます。

んね(^^)

2011年4月 4日 (月)

もみじ饅頭

かわいい後輩たちが昨日、

広島の大会に出た。

そして、今朝、

「もみじ饅頭」

をお土産に元気に帰ってきた。

「先生!これお土産です」

って、女子二人が可愛く渡してくれた。

「ありがとう」

って素直に嬉しかったんだけど

男子達には

「あれっ?にしき堂じゃないの?」

って言ったら、

「何ですか?にしき堂?って」

「え~知らないの?」

「もみまんって言えばにしき堂でしょ?」

って言ったら、

「どうして僕たちが先生に愛情込めて、

そう、4時間新幹線の中で

話あったんですよ!」

「どうする?お土産?」

「広島だから、もみじ饅頭でしょ

って、吟味して、選んだ逸品なんですよ!」

「それを、にしき堂じゃないから文句言うなんて!」

「また~イケメンたちは、始発の電車にダッシュで

乗り込んだんだから、適当に選んだんじゃないの?」

「うわ~最低ですね~もう、着いたその日に

買っておいたんですよ!」

イケメンととしみんに語らせたら、

ずっと、あ~だとかこ~だとか言ってるんですよ!

「先生は、ブランドにこだわってるからいけないんですよ!」

とか、

「ここのじゃなきゃ食べないとか、わがままなんですよ!」

とか、

説教されていました。

まあ、可愛いですけどね。

でも、買ってきてくれたもみじ饅頭、

「藤い屋」

美味しかったですよ~。

優しい後輩に感謝します。

2011年4月 2日 (土)

アレリーマン

昨日、先輩と美帆とわたしが三人で帰宅した。

同じ電車に乗り、

三人が三人でマスクして、

でも、わたしはマスクが得意じゃないからすぐ取ったけど・・・

小学生のころも、

近いのに日ごと違う友達と帰ったり、

中学、高校のときは、部活の仲間とだったり、

クラスメイトだったり、

電車通学は一度もなかったから、

歩きかチャリ。

とにかく、毎日誰かと帰る事が多かった。

くだらない話して、笑って、文句言って、

駄菓子屋で、チロルチョコ買ったり、ラスク買ったり、

もちろん買い食い禁止だったけどね!

チェリオ買ったり。

わたしはチェリオは飲めなかったけど。。。

でも、まあ、あのときもよく喋ってたな~

しかし、大学時代、そして、社会人になって、

誰かと帰ることが少なくて、

昨日のように、女子会みたいに帰るのが新鮮だった。

でもさあ、くだらないことで人間よく喋るよね~。

昨日はドラマ・映画で大盛りあがり。

最近のは、先輩と美帆が

「あ~とかこ~とか」

10年くらいさかのぼると、みんなヒートアップ。

「ラブジェネ、ロンバケ」

なんでこの話になったかというと、

堤真一のよさを語り始めたのがきっかけで、

「何やらせても素敵だよね~」

先輩は

「孤高のメス」

で、映画2回、DVD1回で号泣

「クライマーズハイ、SP

どれもいいよね~」

わたしは、

「彼の白衣姿のショルダーラインに惚れたね!

燕尾着せてもいける!」

「でも、眉毛はもう少し・・・」

とか、先輩も語り始めるし、

やっぱ

「やまとなでしこ」

でしょ!

っていえば、美帆とわたしは最高潮!

しかし、先輩は

「・・・・・」

「それは見なかったな~」

だって。

でもって、美帆が

両手を上向きに突き出して、

「これだって知ってますよ!」

「えっ!マジで」

先輩とわたしは見つめ合った。

「スチュワーデス物語知ってるなんて、やるねえ~」

マスクをした、二人の声はどんどん大きくなっていき、

「あれって、なんて名前でしたっけ、

ほら、アレですよ!アレ!」

「アレだけじゃ、一つもわからないよ!」

「だからほら~嫁と姑の、アレ!」

で、わたしが閃いた!!!

「わかった、ノザワでしょ???」

先輩が

「違うよ!野際陽子だよ!」

「あっそうかそうか」

それと、

「佐野史郎と賀来千賀子」

「そうですそうです!」

「なんて、名前でしたっけ!」

さあ、ここからが、アレリーマンの世界!

「ほら~アレですよ!」

「流行語大賞だった、アレ!」

きっと、この時点で、電車の乗客は、

「うるさい上に、3人揃って、誰もわからんのか!」

って思ってたと思います。

でも、もうだめ。

美帆が

「何オでしたっけ?」

って、オ!なんて言っちゃったもんだから、

先輩は

「あ~マスオだっけ?」

「やだ~違うよ~じゃあ、ムネオ?」

そして、一人は亀戸で降り、

そして、一人は新小岩で降りて行った。

誰も思い出せないまま・・・

そう、この答え分かりますか?

もちろん、昨日のうちにちゃんとわたしは調べておきました。

わたしっていうか、何でもできるリーダーさんが(^^)

とにかく、こういう話を仲間としてるだけで、

時間ってたっちゃうんですね。

やっぱり、仲間はいいよ!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

最近のトラックバック

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ