« あの時の・・・ | トップページ | 流石は・・・。 »

2018年2月21日 (水)

がーさすっ日本橋支店女子・・・

去年、ある銀行の定期預金の通知終了のハガキが届いた。
その通知を受け取るまで、その銀行に預金がある事をすっかり忘れていた・・・。
忘れていたくらいだから、入っている金額も僅かなものだと思うけど、使わないので解約しようと思い、地元の銀行に行った。ところがかなり年月が経っているらしく、よく見ると苗字も前のままで、「データーが無いです・・・」と言われ仕方なく帰ってきた。
でも納得いかず、後日スタジオ近くの日本橋支店に勇気を出して行ってみた。もしもここで分からないようなら、その時は諦めようと思っていた・・。
ところが対応してくれたKさんは(名札がついていた・・)持参した身分証明書やら色々な資料を基に探し出してくれた。地元の銀行員とのなんという差であろうか・・・?!
なんだか部屋の隅の何年も取れなかった埃を一掃してもらったような、何とも言えない爽快感があった。
そして目の前でパソコンに向かい、色々手続きしてくれている銀行員さんが非常に神々しく観えた・・・。流石っ日本橋支店に勤めているだけのことはある。この先、良いお嫁さんになるかもしれないし、このまま働き続けるなら、家庭と仕事を両立しつつ必ずや出世するに違いない・・・そんな事まで思わせてしまう素晴らしい日本橋支店女子・・・でした。

« あの時の・・・ | トップページ | 流石は・・・。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150198/66417991

この記事へのトラックバック一覧です: がーさすっ日本橋支店女子・・・:

« あの時の・・・ | トップページ | 流石は・・・。 »

最近のトラックバック

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ